♪明日がちょっと良くなる♪かもしれないブログ

2020 / 07 / 29  08:32

○○○を冷やす意外な健康効果

 

 

蒸し暑い日が続き、ジメッとしてると

何となくぼーっとしてしまったり、

いつもより疲れを感じたり

 

何より寝苦しくて良く眠れなかったり…

  

 

 

子供の頃、寝苦しいとき「氷枕」やアイスノンを使って冷やしたりしませんでしたか?

 

DB48A02E-8DAE-41E4-9F1F-A5FB6D1CFC3E.jpeg

 

こんなの昔お家にありましたよね笑

 

 

実はこれ、意外な健康効果もあるのです。

 

 

おでこを冷やすのは

「熱を下げる方法」と考えると思いますが

 

 

実際、おでこを冷やしても熱は下がりません。

 

 

むしろ、体は温まります。

 

人間の体には、体を常に一定の状態に保とうとする働きがあります。

体の一部でも急激に冷えると、そこを温めようとして、血流がよくなります。

そのため、冷やすと逆に体が温まるのです。

 

 

そして

おでこを冷やすことで

 

①脳の血流がよくなる

おでこは脂肪や筋肉が少なく、髪の毛もないので、脳に直接冷たさが伝わります。

脳を冷やすと、そこに血液を集めようとして血流がよくなり、脳の機能が活発になります。

 

おでこのすぐ裏には脳(前頭前野)があり、前頭前野は、思考やコミュニケーション、集中力、感情抑制などをつかさどり、重要な部位です。

 

前頭前野の奥に「天然の痛み止め」と呼ばれるオピオイドという鎮痛物質や、ドーパミンやセロトニンなどの「幸福ホルモン」を分泌するところがあります。

脳の血流がよくなればそれらのホルモンも増えて、痛みの軽減や情緒の安定に役立つと考えられます。

 

②脳脊髄液の流れがよくなる

脳の血流が良くなると頭皮や筋肉がほぐれて、頭蓋骨の動きも良くなり、頭蓋骨と背骨の中を循環している「脳脊髄液」の流れがよくなります。

脳脊髄液は、脳や脊髄の神経に栄養を送る液体で、この流れが良くなると自律神経も整い

ます。

 

③全身の筋肉がゆるむ

筋肉は、筋膜という薄い膜に覆われ、連動して動いています。

頭や顔の筋肉がゆるめば、全身の筋膜や筋肉もゆるみ、全身の血流がよくなります。

 

④肝・腎のツボが活性化する

おでこにもツボがあり特に肝経と腎経のツボがたくさんあります。

肝経は目、腎経は耳の機能に関係するツボなので、それらのツボがおでこ冷やしで刺激されると、目や耳の症状が改善されるだけでなく、これらのツボら下半身の症状によく効くので、腰痛、下肢のしびれ、むくみ、痛みなどを緩和します。

 

 

🍀おでこ冷やしセルフケア🍀

氷を4.5個、ビニール袋に入れておでこに置くだけです。

 

冷やす時間は1分くらい。

アイスノンや保冷剤でも代用可ですが熱冷まし用のシートは不可(実際に温度が下がるわけではないため)

 

 

 

中国医学では、体内の活動を「陰と陽」と捉えて、そのバランスが良いときが健康な状態だと考えています。

 

陰の中心は「腎」、陽の中心は「心」として、腎の陰気は上に昇り、心の陽気は下に降りて陰陽のバランスを調えているとしています。

 

昔から健康には「頭寒足熱」

と言われるように

全身に血液を送る大事な心臓から、一番遠い場所にある足を温めることで全身に血液が行き渡りやすくなり、

心臓の働きを助け、また頭を冷やすことで陰気の上昇を促すということなのです。

 

また頭寒足熱で陰陽バランスが調うと自律神経の働きも調整されるので、リラックスして頭もスッキリという効果も期待できます。

 

 

よく「頭を冷やして来い!」と言われますが

「高ぶった気持ちを落ち着かせ、冷静になる」

というちゃんと意味があるのですね。

 

 

 

脳の血流を良くするためには

ヘッドマッサージもオススメです◟̆◞̆ 

210221A1-1825-4AD4-9E6C-C7FA0605E29B.jpeg

48D079E7-2025-4AE0-BCBD-802BB42BD7AD.jpeg

ご予約はこちらから💁‍♀️🔽

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

今月のキャンペーン

https://izumi-kanade.com/free/campaign

2020 / 07 / 28  08:23

「サボり神経」を働かせて不調改善

 

特に今年は

この時期特有の体のダルさ、頭痛などを感じている方が多いようです。

 

実は

春から続いていたステイホームが、

身体や心にじわじわ影響を与えているそうです。

 

本来、気温が上昇してくる5月~6月になると身体中まんべんなく汗をかき、体温を一定に保とうとします。

身体が暑さに慣れる事を"暑熱順化"といいますが、今年はその時期の外出自粛によって体が暑い環境に慣れておらず自律神経の働きが不十分になり、汗をかけなくなってしまっています。

 

人は自律神経がしっかり働く事で体温を調節し、暑い時には交感神経が弱まって血管が拡張し、汗をかいて体温を下げてくれていますが、それをする必要がなかったので自律神経もおサボり状態に

 

この自律神経が十分に働かない事を

さぼり神経」なんて言われ、

さぼり神経になると血流が悪化、

夏のだるさや不眠、頭痛などにつながっていきます。

 

サボり神経の原因は汗をかかないこと意外に

体の冷え

・低気圧

・ストレス

 

 

当てはまるものが多ければ「さぼり神経」の傾向があるかもしれません。

エアコンの効いた部屋にいることが多い

・ほとんどシャワーで済ませる

・汗をかかない、ベタベタした汗をかく

・むくみやすい

・雨の日は頭痛がする

 

 

 

自律神経をサボらせずに

しっかり働かせるためのポイント

 

 

"セロトニン"✨

 

自律神経のバランスを整える脳内ホルモン「セロトニン」は

「しあわせ伝達物質」とも言われているように、心・精神の安定や、感情・気分のコントロールに深く関わっている神経伝達物質です。

 

セロトニンは自律神経だけでやく

①大脳に働きかけて覚醒の状態を調整する

 心の領域に働きかけて意欲を促す

 姿勢筋への働きかけ

 痛みのコントロール

もしてくれる、脳が作る特効薬です。

 

セロトニンを分泌させるためには

・朝に太陽を浴びる

・ウォーキングなどの軽い運動

・深い睡眠

 

そして

「感情を動かす」こと

日常生活で感情をたくさん引き出すことでセロトニンが増え、特に感動で涙したときは

自律神経のリセットと同時にセロトニンの活性化が起き、心の浄化作用もあるそうです。

 

感動する映画などを観ることがオススメです

 

また夜寝る前に

深呼吸をしながらストレッチをすることも効果的です。

特に首から肩にかけての筋肉が緩むと

深呼吸がしやすくなり、副交感神経が優位になり、セロトニンもアップします⤴️

 

人間の身体はとてもうまくできていて、

今は時計を見て生活していますが

 

昔は太陽が出ると自然に起きて、

食料を探して自然の中を歩き、

人と触れ合って生きてきので

ストレスになるような出来事があっても薬に頼らず、脳が持つ力で対応してきました。

 

それは時代が変わっても変わらないものですが、

便利になりすぎて、働かなくても良いので

サボってしまうのです。

 

サボり神経を働かせて、

夏に負けない身体をつくりましょう

 

まず呼吸が浅いと感じる方は

ご相談くださいね◟̆◞̆ 

 

 210221A1-1825-4AD4-9E6C-C7FA0605E29B.jpegC7F8E7F2-DDB5-4AD9-8A4F-9C061B97B24E.jpeg

8月のクーポンもオンラインにアップしました⤴️ご予約はこちらから🔽

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

 

2020 / 07 / 27  08:17

心のエネルギー

 

人は体と心のエネルギーの両方を持っています。

 

こんな今こそ、

ちらのエネルギーも使ったらチャージする

ことが大事だなって思います。

 

体が元気でも心のエネルギーがないとモチベーションが上がらす、

心のエネルギーが満ち足りていても、体が元気でないと行動を起こせません。

 

 

身体を動かしてエネルギーを使い、

休息して回復するように、

 

精神()にもエネルギーがあって

消耗したらちゃんと充電して回復させる必要があります。

 

 

心のエネルギー不足の時って

 

食べすぎたり、飲みすぎたり、

情報を見過ぎたり、

他人に目がいってしまったり

 

何かを内側に溜め込もうとして

過剰にしてしまったり

 

外側に目が向くだけでなく

ネガティブな情報ばかりが入ってきてしまったりします。

 

エネルギーは目に見えなくても

例えば、誰かのことを考えると、その人にエネルギーが送られたり、

仕事について考えると、仕事にエネルギーが向けられ、

心が一つのことに集中すれば、それだけエネルギーの力が強くなります。

 

逆に、雑念などで心が散漫になっていると、エネルギーも分散され、体も消耗しやすいです。

心が自分の体の内側に向けられているときは

体内にエネルギーが溜まります。

 

心のエネルギーチャージするために

好きな音楽をきいたり、映画を見たり

散歩したり、運動したり

情報を断捨離したり

 

自分にとって、何をすれば

エネルギー回復ができるのかを知ることも大切ですが

 

まずは

 

弱音を吐きたくなることも

疲れてしまうことも

あって良いんだって

 

認めることなのかなって思います。

 

人間だから…

 

そして

 

エネルギーを回復させるために

好きなことや運動など

「何かを徹底的に集中してやる」

のも良いですが

 

 

いつもと違うことをする

 

極端な何かに挑戦する必要はなく、

いつもと違う道を通るとか、

いつもと違う音楽を聞くとか

シャワーで済ませるなら湯船につかるだけでも

脳細胞間のつながりが強化され脳は活性化されます。

 

シンプルに、小さくても

いつもと違う行動をすれば、いつもと違うことが起こります。

 

新しい1週間、

何かひとつ、いつもと違うことをしてみませんか?

 

いつもありがとうございます。

 

210221A1-1825-4AD4-9E6C-C7FA0605E29B.jpeg

48D079E7-2025-4AE0-BCBD-802BB42BD7AD.jpeg

ご予約はこちらから💁‍♀️🔽

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

 

 

 

2020 / 07 / 26  16:00

8月クーポン、オンライン予約にアップしました

C7F8E7F2-DDB5-4AD9-8A4F-9C061B97B24E.jpeg梅雨が空けたら、いよいよ夏です🍧

 

いつもとちょっと違う今年の夏…

 

なかなか思うように外出できず

 

お家にいる時間が長いと

血流も滞り

 

体も心も疲れが溜まりがちに…

 

 

 

リフレッシュできることも限られるなかで

少しでもリラックスできる時間や

ご自分を労る時間を

作ってあげてくださいね◟̆◞̆ 

 

いつもありがとうございます😊

 

クーポンをオンライン予約にアップしました★

ご予約はこちらからお願い致します🤲

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

 

 

 

2020 / 07 / 26  10:06

睡眠は脳の毒素のお掃除タイム

 

よく眠った日は

「疲れがとれた」「頭がスッキリする」

 

逆に十分な睡眠時間がなかったり、よく眠れないと心身は疲弊し、徐々にパフォーマンスも低下させ、負の連鎖に

 

睡眠は脳機能に深い関わりがあります。

 

睡眠の最大の役割は、「心身のメンテナンス

体は眠りのサイクルに合わせて様々な修復作業を行っています。

 

🔹記憶と睡眠

記憶には、連絡先のメモを見ながら電話する時のように数十秒から数ヶ月程度しかもたない「短期記憶」と、

ずっと覚えている「長期記憶」があります。

 

短期記憶が長期記憶に転化することを「記憶固定」と言い、これが睡眠と密接に関係していることが明らかになっています。

 

また、睡眠状態は約1020分程度の浅い眠りで脳は活発に動いている「レム睡眠」と、約7080分の深い眠りで脳も休んでいる「ノンレム睡眠」に分けられますが、

「ノンレム睡眠」時に記憶の固定が行われていると考えれらています。

 

🔹レム睡眠とノンレム睡眠

また「ノンレム睡眠」の時は

脳から「成長ホルモン」が分泌され、傷ついた全身の細胞を修復し、疲労を回復させて肌も再生します。

エネルギーをためたり、免疫機能を高めたりする効果や、記憶を固定する働きがあります。

 

「レム睡眠」のときは

身体を休養させ、日中の活動で興奮した脳を鎮めてくれる時間です。

 

このように、「レム睡眠」「ノンレム睡眠」には、それぞれ役割があり、どちらも心身を修復・再生させる重要な役割を担っているのです。

 

体は、代謝によって生じた老廃物や余分な水分を、体内に流れるリンパにより排出して解毒する働きがあります。

 

体と同じように脳も「グリンパ系(グリンパティックシステム)」という循環システムが働き、寝ている間にデトックスしています。

 

脳細胞にたまった老廃物には、蓄積するとアルツハイマー病の発症につながるとされているアミロイドベータと呼ばれるタンパク質が含まれ、

これは脳脊髄液が脳組織を循環することでデトックスされます。

 

就寝中は脳細胞が約60%収縮し、脳脊髄液がより速く、より自由に脳内を流れるため、

この循環システムは、目が覚めている時よりも寝ている間にその活動量が約10倍になるといいます。

 

 

まさに睡眠中は、脳の掃除時間

睡眠は、体だけでなく、脳から不要なものを追い出すための休息タイムなのです。

 

 

🍀眠りの質を高め脳の掃除をしっかりするために

 

①体内時計のリズムを脳に覚え込ませるさせるため

就寝の時間を一定にする

 

②交感神経が高まると寝付けないため

カフェインなど刺激物を控える

 

③悩みは脳を休ませないため

悩みごとをアウトプットしてからベッドに入る

 

④睡眠・覚醒のリズムを作るため

朝起きたら日光を浴びる

 

⑤食べ物の消化活動は眠りを妨げるため

直前の食事は避ける

 

⑥「ベッドは眠る場所」と脳に覚えさせるために

・ベッドでテレビやスマホ見ない

・目が覚めたらベッドを出る

 

⑦副交感神経優位にすると睡眠を促進するため

寝室をリラックスできる環境に整える

 

⑧脳は習慣が好きなため

自分の「寝る前の儀式」を作る

 

寝る前の儀式としては

ストレッチや瞑想などがオススメです。

 

 

また呼吸が浅いことも浅い睡眠につながります。呼吸に使う筋肉を緩めることも重要です。

 

 

毎日の睡眠、良くも悪くもチリも積もれば

心身に様々な影響を及ぼします。

 

 

眠り、大切にしましょう。

背中、肩甲骨の硬さが気になる方はお待ちしております◡̈

 

 

 210221A1-1825-4AD4-9E6C-C7FA0605E29B.jpeg

 48D079E7-2025-4AE0-BCBD-802BB42BD7AD.jpeg

 

 ご予約はこちらから💁‍♀️🔽

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...