♪明日がちょっと良くなる♪かもしれないブログ

2022 / 01 / 18  08:05

自律神経が整い、代謝も上がる…【横隔膜】を動かす効果

 

今日のワードは「横隔膜

 

横隔膜のことなんて、あまり意識することは

ないかもしれませんが

 

とても、とても大事な働きをしています。

 

横隔膜は名称にとありますが、実はれっきとした筋肉です。

 0C885DB4-354B-4F25-AE38-2EFF8073748E.jpeg

胸郭の下部にあるドーム型の筋肉で、収縮すると胸腔を広げて空気を取り込み、弛緩すると胸腔が狭まり、空気が排出されます。

いわゆる腹式呼吸です。

 

横隔膜の周りには体幹のインナーマッスルが、

上下には内臓があるので

横隔膜を意識的に動かすだけで心身に様々な良い影響をもたらすといわれます。

 

まず、横隔膜を動かすことで筋肉や内臓が動くと

基礎代謝が上がります。

基礎代謝は生命維持のために生きているだけで消費されるエネルギーのことで、なんと1日の消費エネルギーの約70%を占めます。

 

そして

 

息を吸うとき、肋骨の表裏にある肋間筋が伸縮し、肺が横に広がり、同時に横隔膜は縮んで下がるため、肺は広がり、酸素を取り込みやすくなります。

 

つまり、横隔膜を伸縮しやすくすると、体内に酸素を取り入れやすくなるわけで

 

体内が豊富な酸素で満たされれば、代謝と血流がよくなり、肩こりや腰痛が改善したり、肌がキレイになったり、痩せやすい体に繋がるのです。

 

さらに、さらには

 

肺を大きく膨らませることは、自律神経の調整にもつながり、心にも良い影響があります。

 

横隔膜を動かすためにはまずは周辺を緩めるストレッチから

 

その名も「お願いストレッチ」

1.椅子に浅く腰掛け、胸の前で両手を合わせます。「お願い」🙏のポーズです。

この時、背もたれに上体を預けないのがポイントです。

 

2.腕がぴんと伸びるまで、なるべく顔の近くを通りながらまっすぐ頭上に伸ばします。

 

3.その状態で、胸を前後左右に大きく膨らませるイメージで、深呼吸を3回繰り返します。

 

4.手を胸の前にゆっくり下ろします。

 

 

筋肉が緩んだところで、次にやることは

 

横隔膜を動かす一番の方法は

「呼吸」なのです。

 

ただし、無意識に行う胸式呼吸では、横隔膜はほとんど動きません。

呼吸は、腹筋や肋間筋などそのほかの呼吸筋を使って意図的に横隔膜を動かし、鼻で吐く・吸うをゆっくり繰り返すことが大切です。

 

呼吸は、無意識に行われる「代謝呼吸」

意識的に行う「随意呼吸」

心の変化に伴って変わる「情動呼吸」に分けらます。

 

それぞれが脳幹、大脳皮質、大脳辺縁系といった脳の呼吸中枢によってコントロールされているのですが横隔膜をしっかり動かすには、「随意呼吸」が必要なのです。

 

🍀横隔膜を動かす448呼吸法」

1)息を吸い込む胸部が広がり、横隔膜が収縮
息を吐き切って、おなかが膨らむように23回呼吸した後、腹式呼吸で4秒かけて息を吸う。

 

2)息を吐く胸部が縮み、横隔膜が緩む
4
秒息を止めた後、8秒かけてゆっくりと息を吐く。これを4×2クール程度繰り返す。

 

 

横隔膜を動かすだけで疲労回復になったり

疲労しづらい身体へと変わっていきます。

 

奏では横隔膜周辺の筋肉もしっかり緩めるよう施術しています

 

横隔膜、動かしましょう!

 

F16B027F-FB32-4D9A-BE2C-337725A15698.jpeg

ご予約はこちらから💁‍♀️🔽

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

 

 

2022 / 01 / 17  09:12

【中途覚醒】なぜ?

 

パッと目が覚めたら夜中だったり

途中で何度も目が覚めて、一度起きるとなかなか寝つけなくなる

 

いわゆる「中途覚醒」は結構多いお悩みです。

 

眠りが浅かったり、熟睡感が得られなかったり、何度も目が覚めてしまう「中途覚醒する」のはなぜでしょうか?

 

実は人は年齢を重ねると、眠りは浅くなる傾向にあり加齢によるものはある程度、自然なことだそうです。年齢を重ねると眠りが浅い時間が増えていくので、

 

また、強い緊張を感じるタイプの人は自律神経が休まらず、中途覚醒を引き起こすことが多いと考えられます。

 

そもそも動物にとっての正常な睡眠とは、命の危険が迫ったときにいつでも覚醒できる状態を指しています。

 

眠っている間も自分を守るための機能が働いているため地震や騒音、異臭、寝具による違和感など、周囲の環境変化による外的刺激や、

アルコールやカフェインなどの刺激物、体調、精神的ストレスなど内的刺激が覚醒の原因になることもあります。

 

ざっくりストレスと言っても色々ありますが

人がストレスを受けたときに、脳下垂体前葉から副腎皮質刺激ホルモン【ACTH】というホルモンが出ます

 

このホルモンには、本来外敵から身を守るために、睡眠を抑制 して、身体を緊張させる働きがあるため、分泌されると深い睡眠を得ることが出来なくなります。

 

しかも、矛盾したことに、このホルモンの「分解」は、睡眠中のみに行われるために、強いストレスを受けていると、分解にかかる時間を確保するために、「眠りたい欲求」が高まってしまいます。

 

つまり、ストレスがかかると、「眠りたいのに眠れない、熟睡できないという状態」が続くことになります。

 

そして中途覚醒が気になる方が増えた要因としては

「動く機会が減った」が大きいのでは?と言われます。

 

睡眠の質と日中の活動の質はほぼ比例し

中強度の運動を習慣化すると、深い睡眠がとりやすくなります。

 

一日の中で最も体温が上がるのは、就寝時間の35時間前なので、そのタイミングで1020分程度、ウオーキングなどの軽く息が弾む運動を習慣化してみるのがオススメです。

 

それが面倒な場合は

湯船に浸かることをオススメします。

 

本来は夕方あるいは夜の入浴が効果的で

深い睡眠のために就寝直前の入浴が良いとされていますが、寝付きを悪くしてしまう可能性もあるので、就寝の23時間前の入浴が理想的。


また、半身浴(腹部までを湯船につかり、約40度のお湯で30分ほどの入浴する)も、寝付きが良くなる効果が認められています。

 

やはり一番の疲労回復法は睡眠です。

 

その睡眠が浅ければ、疲れはとれずジワジワと蓄積していまいます。

 

眠りの深さは呼吸を改善することも大切です。

呼吸、眠りの浅さご相談ください◟̆◞̆ 

0DD451DB-73ED-4A25-AA8E-CBABE6386CA4.jpegご予約はこちらから💁‍♀️🔽

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

 

2022 / 01 / 16  07:48

意外と知らない【冬バテ】

 

寒さが厳しい日が続き、なんだかすっきりしない、やる気が出ない、集中力が続かないなど

 

漫然とした不調は「冬バテ」と言われるものかもしれません。

 

冬バテは簡単に言うと自律神経の乱れから起こります。

 

 

夏バテに比べ、冬バテという言葉はあまり浸透していませんが、暑さ・寒さを調節する機能は「自律神経」であるため、寒さ調節が頻繁になると自律神経が乱れます。

 

人間にとって寒さは最大の脅威です。

一般的に体温は36.5℃前後が正常ですが、35.5℃になると自律神経機能が正常に働かなくなります。

 

体温維持は生命維持に重要なことから、身体は体温が下がると、全力で体温を上げようと働くのです。

温度が下がると身体が体内の温度を上げようと、自律神経をはじめとしたシステムが一生懸命働いた結果、疲労をもたらすと言います。

 

さらにストレスなどで体温を調整する能力が低下したり、生活習慣が乱れていると自律神経機能は低下するため、近年冬バテする人が増えているんだとか。

 

特に温度差が激しい環境で生活している人、ストレスが強い人、運動不足の人は冬バテをしやすいと言えます。

 

東洋医学で冬は「閉蔵」といい、

もろもろのものが門戸を閉ざして閉じこもる季節

 

言い換えると「充電」の季節です。

人もこれに従って、

内臓を養い、よく眠り、あたたかくして、気を逃がさないよう春に備えることが大切だと考えられています。

 

①食事、②睡眠、③運動、④ストレス解消

 

です。

ストレスを感じ常に交感神経が優位の生活を送る人が増え、特に冬は寒さに加えて、年末年始の多忙によるストレスや睡眠不足、さらにご馳走様を食べる機会も多く胃腸にも負担がかかり、不調をきたすことがあります。

 

そしてずっと都会にいると情報過多で、頭も心も疲弊し、それにすら気づかないこともあります。

 

医学の父、ヒポクラテスは「人は自然から遠ざかると病気に近づく」という言葉を残しています。

 

寒い時こそ、日々の生活から離れて、自然の中に身をゆだねてみるのも良いかもしれません。

 

冬バテ解消には

血流もカギになります。

 

冬バテ気味そんな方もご相談ください◟̆◞̆ 

43FBC1B5-AAE2-4008-B805-7C2A21205774.jpeg

 

ご予約はこちらから💁‍♀️🔽 

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

2022 / 01 / 16  05:39

1月クーポン★年始のやる気アップ⤴️

D5714B08-DB9C-4CB1-AB08-F009ACB72249.jpeg

寒い冬は

 

体が強張り

コリがいつもに増して気になったり

手足が冷えて眠れない

 

不調が出やすく、やる気が出にくいものです。。

 

 

 冬は動物が冬眠するように

本来、ヒトも「省エネ」モードで過ごすべきと

されています。

 

 

頑張りすぎないこと

疲れたら休むこと

労り、癒すこと

 

とはいえ、何かと忙しい年始

 

 

 

血流を整え

免疫力を高め

寒さやウイルスに負けずに

 

冬を乗り切りましょう

 

まずは疲れ、コリ解消して

やる気アップ⤴️しましょう

 

 

 

寒い冬は

 

体が強張り

コリがいつもに増して気になったり

手足が冷えて眠れない

 

不調が出やすく、やる気が出にくいものです。。

 

 

 冬は動物が冬眠するように

本来、ヒトも「省エネ」モードで過ごすべきと

されています。

 

 

頑張りすぎないこと

疲れたら休むこと

労り、癒すこと

 

とはいえ、何かと忙しい年始

 

 

 

血流を整え

免疫力を高め

寒さやウイルスに負けずに

 

冬を乗り切りましょう

 

まずは疲れ、コリ解消して

やる気アップ⤴️しましょう

 

クーポンはお客様ひとりひとりの状態に合わせて

 

指圧、オイルフット、ドライヘッドスパ、

お顔、ハンドマッサージ、ストレッチ

組み合わせ自由です。

(※アクセスバーズ、全身アロマは組み合わせ不可)

 

コリが辛い

呼吸が浅い、

眠りが浅い、

体がだるい、やる気が出ない、

目が疲れている、

気持ちをリセットしたい

 

とにかく疲れている方は

お任せください。

 

 

当サロンは

「今、行きたい」辛い時き駆け込んで頂けるよう直前予約が可能です♡5分前でも…★

 

少しでもホッとリラックスできる

場所であれたらと思いますので

今年もよろしくお願い致します🤲

 

 

 2B89545D-BF00-46F7-8820-757CB6A5827F.jpeg

ご予約はオンライン予約をご利用頂けると助かります

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

 

 

 

2022 / 01 / 15  08:45

【食いしばり】と体・こころ

 

食いしばり...

 

ほぐしても一時的にほぐれるだけの頑固な肩こりは、無意識にしている「食いしばり癖」が原因かもしれません。

 

食いしばりは

別名クレンチング症候群とよばれ

 

自分自身が思っているよりも相当強い力で食いしばっており、60kgもの力が加わることもあると言われます。

 

歯や歯ぐきを痛めたり

肩こり・顔面痛・頭痛・腕のしびれ・腰痛・倦怠感・難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調・冷え性・低体温・イライラする 

など、思いもよらない症状を引き起こしている事もあるのです。

 

食いしばりの原因は

 

すばり

 

ストレスです。

 

ストレスがあると交感神経が優位になり、口の回りの筋肉が緊張し、食いしばる状態になりやすく

逆にストレスを緩和するために食いしばりをしているという考え方もあります。

「噛む」という行為が、ストレス解消に効果がある事が、脳研究でわかっています。

 

 

また力を使う肉体労働の仕事をしている方、スポーツをしている方などは、起きている際の食いしばりが起こりやすくなります。
これは人は、歯を食いしばることで強い力を発揮し、集中力をアップさせようとするからです。

 

同じくデスクワークや趣味などに集中している際にも、集中力をアップさせるために、無意識に食いしばっているというケースがあります。

 

また

薄着で寒さを我慢して全身に力が入る
・リラックスできていない、休めない、力を抜くことが苦手
・歯の不調、歯並び・噛み合わせの不具合がある
・食事中、左右均等に噛めていない。噛み方に癖がある

 

なども食いしばりの要因に

 

慢性化すると

 

・血流やリンパが滞り、首や肩が凝ったり顔がむくむ
・顔色が悪く見え皺や老け顔の原因に
・顔の表情が乏しくなり、暗い印象に

 

 

予防としては

  • 上下の歯が接触しないように意識する
  • ガムをかむ
  • ストレッチをして肩・首周りの緊張をほぐす
  • 寝る姿勢や頬づえに気をつける

 

 

そして何より重要なのが

 

心の緊張をほぐすこと

 

です。これが簡単にできたら苦労はしないのですがまずできることととして

ストレスによる心の緊張を解くためには、深い呼吸が大切です。

定期的にリラックスして、深呼吸する癖を身に着けましょう。

 

 

また力が入る自覚がある時は直接ほぐすことも大切です。

顎から耳の辺りまでの食いしばる時に盛り上がる部分を探し、周辺をじっくりほぐし、力みやすい部分に緩める癖をつけてあげてましょう。

 

 

私も食いしばり癖が強いため、食いしばり癖の強い方に関係する筋肉を意識して施術しています。

 

ヘッドマッサージやお顔のマッサージもオススメです。

 

そしてアクセスバーズは、唯一、食いしばりの軽減に繋がるといわれ、最近は歯医者さんでも施術しているところが増えています。

 

ただリラックスさせるだけではなく、余分なエネルギーを体から放出してくれます。いつの間にか溜また余分なエネルギーを解放して、リラックスをもたらします。

 

その余分なエネルギーというのがざっくり言うと

怒り、恐れ、不安などのネガティブな思考から来ています。

 

まずは根本にあるストレスを減らすこと

 

それにはストレスになること自体を避けるか

「考え方を変える」しかないと思っています。

 

食いしばり、ストレス、体の強張りが強い方は

まずは自分の体の癖、考え方の癖

に気づくことも大切なのかもしれません。

 

 8D0CE31A-A82E-413B-9CE3-D1DA3B07E415.jpeg

ご予約はこちらから🔽💁‍♀️ 

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...