♪明日がちょっと良くなる♪かもしれないブログ

2024 / 03 / 03  07:54

ストレスに強いか弱いかは「脳」で決まる?

 

ストレス社会といわれますが

 

ストレスを受けると、まず脳の「大脳皮質」でキャッチするそうです。

大脳皮質は「理性の脳(考える脳)」と言われ、思考や行動をコントロールしています。

そして、その隣にあるのが本能や感情と関係の深い「大脳辺縁系」と呼ばれ、ここで「心地よいもの」「不快なもの」などを認識しています。

電車でギュウギュウ状態だと、不快に感じてしまいますが

それは脳でも一緒で
この「大脳辺縁系」を窮屈な状態にしないよう、余裕ある状態にすることが大切なのです。

 

昨日も書いたよに忙し過ぎたりスマホを見過ぎていたりいると、知らないうちに大脳皮質をたくさん使って考えてしまうことになり

 

大脳辺縁系は窮屈な状態になり、必要以上にストレスを大きい、重いものとして認識してしまいます。

すると、本能や感情と関係する大脳辺縁系は「不快」と感じ、間脳を通じて自律神経を緊張させ、心身に影響が現れてしまうのです。

 

逆に大脳皮質に余裕があるとストレスをキャッチしても小さい、あるいは軽いものとして認識し
大脳辺縁系では「快」と感じ、自律神経に影響を及ぼすことはなく、むしろ元気にしてくれるのだとか。

 

じゃあ、どうやって大脳皮質に余裕が出るのかという話ですが

 

「感じる」ことより「考える」ことが多くなると大脳皮質は余裕のない状態になりやすくなるので

「気持ち良い」と思う「快」の気分をたくさん得たり、快眠や快食、さらには自然と触れ合って五感を刺激することも、大脳皮質を元気にしてくれます。

 

積極的に気持ち良い感覚を得て

脳を元気にしましょう!

 

ご予約はこちらから💁‍♀️⬇️

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

2024 / 03 / 02  09:04

デジタルデトックス

 

知りたい情報はすぐに入る便利な世の中で

片手で誰とでもすぐに繋がれる世の中なのに

 

だからこそ

心が疲れたりしている人が増えているそうです。

 

SNS、メール、ネットニュース

知らない方が、よかった、

見なければ、よかったということは結構あったりします。

 

お手紙交換をしていた時、駅の伝言板があったときのように不便なときの方が、心は満たされていたのかもしれません。

 

どんな素晴らしい情報だったとしても

自分にとって必要ないものだったら

ただ振り回されるものになってしまうこともあります。

 

特にHSPという周りから刺激を受けやすい性質をもっている人は

常に情報に触れている状態だと人一倍疲れやすく、脳内がフリーズしてしまいます。

 

疲れた、ちょっと休みたい、一人になりたい

そんなときは

 

携帯の電源を切る

自然の中にいく

本を読む

 

想いっきりアナログな世界に浸って

いったん情報を遮断することも必要です。

 

便利だからこそ、たまには休んで程よい距離感を保ちつつ、上手に情報やスマホと付き合っていきたいですね。

 

ご予約はこちらから💁‍♀️

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

2024 / 03 / 01  05:55

3月クーポン★季節の変わり目の体と心リセット

 

 

三寒四温と言われる今の時期

 

冬のように寒かったり

春めいて暖かったり

 

気圧の変動や

環境の変化など

 

体がついて行かず

体調を崩しやすい時期でもあります。

 

でも春はデトックスに最適。

冬に溜め込んだ老廃物をこの時期に

しっかり出すことが

 

春に元気にパワフルに動くカギになります。

 

老廃物が体に溜まったままだと

花粉症や不定愁訴など、いわゆる

"春の不調"が出やすくなってしまいます。

 

 

 

3月、

心身ともに要らないものをデトックスして

心地良く春を過ごす準備をしましょう。

 

 

クーポンはお客様ひとりひとりの状態に合わせて

 

指圧、オイルフット、ドライヘッドスパ、

お顔、ハンドマッサージ、ストレッチ

組み合わせ自由です。

(※アクセスバーズ、全身アロマは組み合わせ不可)

 

ここをたくさん圧してほしい!

何が原因だかわからないけど痛い(辛い)

呼吸が浅い、

眠りが浅い、

体がだるい、やる気が出ない、

目が疲れている、

気持ちをリセットしたい

 

ご相談ください。

いつもありがとうございます。

 

 

 

 310323CC-559C-4391-88EB-27CFB095DA59.jpeg

ご予約はオンライン予約をご利用頂けると助かります

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

 

 

 

2024 / 02 / 25  10:05

手首が硬い…?

マッサージなどでラクになっても、またすぐに痛くなるしつこい肩こり

 

肩こりの時、肩首や肩甲骨を揉んでもらうと思いますが、実は施術で見落とされている重要な部位があります。

 

 

それは

 

 

「手首」

 

です。

 

人間の手首はもともと、物をつかむために親指と小指が向かい合わせになっていて、指先は上に向けていました。

このときの手首はアーチがある状態でした。

 

スマホやパソコンの使用などで手首が平らになり、さらに下向きになっていることが多く、

手首と肩は筋膜でつながっているため、「手首アーチ」が崩れると筋膜がよれ、筋肉がスムーズに動かなくなって肩こりを引き起こしているのです。

 

手の平を上向きにして、手の力を抜いてみて、この時、親指と小指が自然に内側に向き合い、手のひらのつけ根が丸くくぼんでいれば、手首が自然にアーチを描いています。

 

この手首アーチができている状態が本来の正しい手首です。

 

 

パッと手を開いたときに手のひらのつけ根にくぼみができていない人は、手首アーチが崩れています。

 

特にスマホやパソコンを長時間使っている人は、常に親指と小指を外側に開いて、手首のアーチをつぶしたまま作業しています。そのつぶれた手首アーチが、気づかぬうちに肩こりを招いているのですを

 

 

手首のアーチを復活するケア

1)手のひらもみ

 手の筋肉をほぐし、手首アーチを整えます。手のひらや手の側面などをいた気持ちいい感じてもみほぐします。

 

2)手つぼみ体操

①ひじを伸ばして両手を前に出し、手の指をすぼめたら、手首から下に下げます。

そして手をすぼめたまま、手首から先を真上に引き上げます。15×2セット行う。

 

奏では、手首も指圧します。

重点的にほぐしたい方はハンドマッサージリクエストしてみてくださいね。

 

 

まさか、肩こりの原因が手首にあるなんてと思いますが、

慢性的な肩こりの方は手首を意識してみると

少し改善されるかもしません。

phonto.jpegご予約はこちらから💁‍♀️⬇️

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

2024 / 02 / 21  08:09

脳を癒す

脳を癒す

 

パソコン、スマホ、テレビ、SNS、多すぎる情報、人間関係

 

現代人は脳が疲れていると言われています。

 

東洋医学に『恬淡虚無』 (てんたんきょむ)

という、聞いたこともない言葉があるそうで

 

簡単に言うと心が穏やかで無欲なこと

 

これが脳を疲労させない秘訣だそうです。

 

心が乱れれば、過度に興奮し自律神経が乱れます。

 

欲望や執着にとらわれず日々ある楽しいことも、苦しいことにも心かき乱されることなく

つねに穏やかな心を保ち続けることで

 

生命エネルギーは無駄遣いされずに全身にめぐり、精神は安定し、正常な自律神経、免疫力が体内をガードしてくれます。

 

心が乱れることは誰にでもあります。

時にストレスが必要なこともあります。

 

脳を疲れさせないためには

心が乱れたら、なるべく早く元に戻すことが

大切なのかもしれません。

 

ご予約はこちらから💁‍♀️⬇️

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...