♪明日がちょっと良くなる♪かもしれないブログ

2021 / 09 / 22  07:26

秋の【むくみ】

 

身体が重い、顔がパンパン、足がだるい

 

涼しくなってきた秋口 

 

実は一番「むくみ」が出やすい時期なんです。

 

秋は溜め込んでいた夏の老廃物やダメージが身体に「むくみ」という症状として現れ

 

「秋むくみ」

 

と言われるほどです。

 

 

秋に「むくみ」やすくなるのはなぜ?

1:冷たい食べ物や飲み物の摂りすぎ

夏の感覚のまま、冷たい物をとり、身体が冷えて血流が悪くなり、むくみやすくなってしまいます。

 

2:足元が冷えている

足元が冷えてむくみやすくなり、老廃物が溜まりやすい状態になってしまいます。

 

3:一日の気温差が大きい

秋は気温差が大きく、一日で10℃以上の気温差ができることも。

昼間は暑くても、夜になると身体が冷えて血流が悪くなると摂りすぎた水分が排出できない状態になります。

 

4:食欲の秋で食べ過ぎてしま

涼しくなって食欲が急に増したり、栄養バランスが乱れるとむくみやすくなります。

 

 

 

「むくみ」とは

血管からしみ出した水分が皮下組織に過剰にたまった状態。

この水分は酸素や栄養素を細胞に運び、二酸化炭素や老廃物を血管に回収する役割を担っていますが、血行不良になると、スムーズに血管に戻ることができず、細胞と細胞の間にたまってしまいます。

これが「むくみ」につながります。

 

 

むくみ予防には?

一番は「冷やさない」こと。 

 

外側から冷やさない

太い血管が体の表面近くを通っていて熱が逃げやすい股関節回りや膝の裏を冷やさないようにしましょう。

シャワーだけでなく湯船につかることも

冷え防止に。

 

内側から冷やさない

冷たい飲み物をさけ、なるべく身体を温めるものを食べることで内臓も身体も冷え防止に。

身体を中から温めるには生姜が効果的です。

 

また座りっぱなし、立ちっぱなしなど、長時間同じ姿勢で動かずにいると血行不良になりむくみやすくなります。

デスクワーク中は頻繁に立ち上がって動くことを習慣したり、足指や足首回しをするのも有効です

 

そして

むくみ予防には塩分を取り過ぎないことも大切です。体内の塩分濃度が高くなると、水分が細胞の外に出にくくなります。

 

食べものでむくみ予防

野菜や果物に多く含まれるカリウムには余分な水分を排出する作用があります。

・バナナ

・サツマイモ

・スイカ

・黒豆

・しいたけ

 

 

むくみ解消ケア

足のむくみを根本的に改善するには

スクワットなどで下半身の筋肉を鍛えるのが一番です。

また筋肉は熱も生み出すので冷え性防止にも効果的です。

 

 

一度むくんでしまったら?

ふくらはぎの筋肉は、血液が心臓に戻るのを助けるポンプ作用があるので、ふくらはぎをマッサージすることで水分の巡りが回復します。

 

 

たかが「むくみ」、されど「むくみ」

むくみは放置すると病気につながることも

 

過ごしやすい季節とはいえ、不調が出やすい時期でもありますので、なるべく定期的なメンテナスをすることで心地良く秋を満喫できるかもしれません◟̆◞̆ 

 C8B18108-E006-4778-9C22-B58562441579.jpeg

ご予約はこちらから🔽

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

PayPayキャンペーン奏もご利用頂けます★

 

E0795967-C5D9-4D35-88CA-8A457E677741.jpeg

2021 / 09 / 21  09:07

自然のチカラ

自然のチカラ

 

人間の本能なのでしょうか。

 

定期的にふと自然に行きたくなることがあり

天気が良かった先日、コスモスを見に朝早く出かけてみました。

 

ほんの数十分でも、とてもリフレッシュでき

前向きな気持ちになれました。

 F34BAB3D-FCFC-4FCA-AF07-826D86A1D088.jpeg

川ののせせらぎの優しい音や木の葉が風にそよぐ音などの「自然な音」にリラックス効果があることが、脳科学の研究で分かっています。

 

そして花を観賞することが、脳の活動に影響を与え、心理的、生理的に生じたストレス反応を緩和させると言われます。

 

人工音を聴いているときは、不安症や心的外傷後ストレス障害(PTSD)、うつ病などでみられるのと同様に、脳のシナプス伝達が内向きになり興奮が引き起こされますが

 

自然音を聴くと、身体の弛緩に関連する消化器系の活動は安静時に近いものになり、外部へ注意を向ける脳の活動が向上し、強いストレスを受けている人ほど、自然音によるストレス軽減の効果が高いんだとか。

 

奏でも本物の水のせせらぎの音を流しています

 

また

 

ストレスを与えた実験参加者に花の画像を見せると、ネガティブな情動が減少し、ストレスにより上昇した血圧やストレスホルモンの値が低下したり"花の癒し効果"が心理的、生理的、脳科学的にも実証されています。

  • 花のない部屋に比べて花のある部屋では「活気」の気分が大幅にアップ
  • 花のある部屋では「混乱」、「疲労」、「緊張・不安」、「抑うつ」、「怒り・敵意」が低下
  • 花のある部屋では交感神経活動が25%低下(=ストレス状態の緩和を意味する)
  • 花のある部屋では副交感神経活動が29%上昇(=リラックス状態の高まりを意味する)

 

 

メカニズムとして、花を見ることにより、ストレスから意識をそらす「ディストラクション効果(気そらし効果)」と呼ばれる作用が働くとされています。631DC65A-7CAE-475E-A998-1EF3CEBFB8C0.jpeg

 

先日書いた「移精変気」も同じようなことだと感じました。

 

そして難しいメカニズムとは別に

 

なぜ花を見たり自然に触れると

幸せな気持ちになるのかは

 

 

食べたい、寝たい

と同じくらい

 

 自然に触れることが

それが人間にとって必要なものだからと

本能が知っているからなのかもしれません。

 

これから、紅葉など

自然に行くと美しいものがたくさん見られる時期になります。

 

遠くに行かなくても

自然があるところに行くだけでも

 

リラックス、リフレッシュできるかもしれません。

A89996F2-3062-421B-88A3-3B97EBAFE5B6.jpeg

ご予約はこちらから💁‍♀️🔽

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

 PayPayキャンペーン奏もご利用頂けます★

E0795967-C5D9-4D35-88CA-8A457E677741.jpeg

 

 

2021 / 09 / 20  07:45

秋は【潤い】を

 

 

だいぶ秋らしくなり

暑い季節が終わって身体が少し楽になるかと思いきや、

 

なんだか身体がだるい疲れやすいと感じる方も増えているようです。

 

中国には昔から春困秋乏という言葉があります。

 

春は眠く、秋はだるいという意味で

人は、一つ前の季節によって身体はつくられますので、夏の暑い時に蓄積した疲れは

秋にどっと出てくるのです。

 

そして

 

外から身体の中へ侵入し、身体へなんらかの影響を与えるものを東洋医学では「外邪」とよびますが

外邪には「風・寒・暑・湿・燥・火」の6つの邪気が存在します。

 

秋の季節の邪気は、外が乾燥するため

燥邪の影響を身体は受けやすくなり、燥邪の影響を最も受けるのは「肺」を中心とする呼吸器系(鼻・のど・気管支)です。

 

肺には、呼吸だけでなく、エネルギーや潤いを運ぶ役割もあります。

肺が弱ることで、体内に潤いとエネルギーがうまく巡らず、乾燥を引き起こしたり、気の巡りが停滞することで憂い気味になったりすると言われています。

 

さら「肺は皮膚大腸とも繋がりがありますので、のどの乾燥以外に、皮膚の乾燥・かゆみ、便秘気味などの症状も燥邪が原因かもしれません。

 

「肺」は乾燥を嫌い、潤いを好む臓器といわれている為、適度に身体に潤いを与えてあげることが秋の養生のポイントとなります。

 

 

乾燥を防ぐには

加湿器を使用したりするなど、適度な湿度を保ち喉に負担がかからないよう、鼻呼吸を意識することも大切です。

また、白湯や温かいお茶などで水分をこまめに取る

ことも。

 

梨、ごま、れんこん、白きくらげ、松の実、などは

体の潤いを補ってくれる食べ物です。

 

この時期、

体調不良やメンタルの不調を感じる時は

まず、体を潤わせることを意識してみると

良いかもしれません。

 

秋はなんとなく淋しくなったり気分に波がでやすい季節でもあり

意識的にリラックスできる時間を作る事も、この季節の変わり目を上手に過ごすポイントです◟̆◞̆ 

8D0CE31A-A82E-413B-9CE3-D1DA3B07E415.jpeg

ご予約はこちらから🔽💁‍♀️

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

PayPayキャンペーン奏もご利用頂けます★

E0795967-C5D9-4D35-88CA-8A457E677741.jpeg

 

 

2021 / 09 / 19  10:09

9月クーポン★

9月クーポン、オンライン予約にアップしました★

 

急に寒くなったり、猛暑に戻ったり…

台風など、天気の変動が激しかった今年の夏

 

そして長引く自粛で

心も体もモヤモヤ、疲労感が抜けない

そんなお声も多いです。

 

9月は夏の疲れが一気に出る頃ですが

季節の変わり目であり

清熱潤燥(せいねつじゅんそう)・滋陰補肺(じいんほはい)」という 熱を冷ましつつ乾燥を防ぎ、夏の疲れた身体に潤いと元気を与え、秋に向けて「肺」を補うとよい時期とされています。

 

そして特に気になる

「肩首こり・背中の張り」

またテレワークによる腰痛

 

背中が硬くなると呼吸が浅くなり、眠りが浅くなる、自律神経が乱れるという悪循環に

 

肩甲骨周りやお尻や太ももまで

 

しっかりほぐすことが大切です。

 

 クーポンはお客様ひとりひとりの状態に合わせて

 

指圧、オイルフット、ドライヘッドスパ、

お顔、ハンドマッサージ、ストレッチ

組み合わせ自由です。

(※アクセスバーズ、全身アロマは組み合わせ不可)

 

ここをたくさん圧してほしい!

何が原因だかわからないけど痛い(辛い)

呼吸が浅い、

眠りが浅い、

体がだるい、やる気が出ない、

目が疲れている、

気持ちをリセットしたい

 

よくわからない方はお任せで

 

 

 

この時期の疲れの蓄積は秋の不調にも繋がりますので、夏の疲れをリセットして心身ともに整えて、気持ちの良い秋を迎えましょう

 

いつもありがとうございます😊

ご予約はこちらから💁‍♀️🔽

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

2021 / 09 / 19  07:46

背中の張り、呼吸の浅さは【背骨が詰まっている】?

 

特にデスクワークの方が感じやすい

「背中や腰の張り感・痛み」

 

原因のひとつが【背骨の詰まり】かもしれません。

 

背骨が詰まる?

とは、どういうことかというと

 

背骨は一本の骨ではなく、およそ30個もの骨が、積み木のように重なってできています。

 

その骨と骨の間には椎間板と言うクッションの働きをするものがあり

程よいスペースがあるおかげで背骨はなめらかに動きます。

 

背骨は特に長い骨で大人でいえば、平均して75cmも長い分、そのひとつひとつがお互いに影響し合っています。

 

どこか一か所でも詰まると、他の部分にまで影響が及んでしまうのです。

 

座りっぱなしの姿勢が続くと、背骨と背骨の間の椎間板が重力という縦のストレスを受けて、微小に詰まります。

 

背骨には、姿勢を保つこと以外にも重要な役割があり

神経が通る脊椎を頑丈な骨で守り、伝達を助けています。

 

背骨がスムーズに動くから中を通る神経も正常に働き、体のパーツや内臓などが正しく機能するわけで

 

背骨が詰まってつぶされていると神経が圧迫され、情報伝達に支障をきたすことにもなります。

 

つまり背中の痛み、張りだけでなく

肩凝り・頭痛・腰痛・手足の冷え・便秘・目まい等の症状も、こうした骨の詰まりにより起こる場合もあるのです。

 

🌿背骨の詰まりリセットセルフケア

金魚体操

 

62F7BE10-2658-4CA2-BD34-7BA69EFDC9D6.jpeg

 

仰向けになり、自然にまっすぐ伸ばした身体全体を、金魚のように左右に揺する運動です。

両手は首の下の真ん中で組み、足は足首から先を直角に立てます。この体勢で、両ひじで調子をとって、金魚が泳ぐように全身を小刻みにゆすります。

朝・夕1回 各12分行ってください

 

ポイント

・ひじとかかとをしっかり張る

・細かく細かく揺する

・とにかく力を抜く

 

背骨の詰まりが解消されるてコリや痛み、姿勢改善だけでなく神経のバランスが整い、

眠りが深くなる効果も…♡

 

なるべく背骨を詰まらせない意識をしてみてくださいね◟̆◞̆ 

 

それでもガチガチに固まった背中は

一度ほぐしてあげることも大切です。

背中の痛み、呼吸の浅さ、ご相談ください◡̈

 A89996F2-3062-421B-88A3-3B97EBAFE5B6.jpegご予約はこちらから🔽💁‍♀️

https://izumi-kanade.com/free/yoyaku

PayPayキャンペーン奏もご利用頂けます★

E0795967-C5D9-4D35-88CA-8A457E677741.jpeg

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...