♪明日がちょっと良くなる♪かもしれないブログ

2019 / 05 / 31  08:10

1周年を迎えました

531

 

1年前の今日、奏をオープンしました。

短いようで濃い~1年。 

 

20183月に私は突然独立することを決め2ヶ月後にはオープンするという

考えたり迷ったりする暇はない程

スピーディーなスタートでした。

 

決断したものの

私の誇りでもあり、大好きだった前職場のマッサージ店を辞め、初めて「会社」という組織から離れることはとても勇気がいりました。

 

安定とか安心、

色んなものを手放し、

 

「ここを出たら私に何が残るのだろう

 

兎にも角にも不安でいっぱいで

右も左もわからず、全て手探りでした。

 

 

でも後戻りできないしやるしかない!!

そんな気持ちで絶対に諦めないと自分に約束しました。

 

 

半年くらいは毎日トライ&エラーの繰り返しでしたが、思えば奇跡の連続でした。たくさんのお客様との出会いや再会。

施術する時間もお客様とお話しすることも、今まで以上に11瞬が愛おしく感じ、

 

はじめてこんなにも自分の弱さを知り

自由という難しさを知りましたが

 

人の優しさと温かさを痛いほど感じることができました。

 

 

・奏・というサロン名。

画数もありますが、

前後の点は意味があります。

 

"点と点が繋がる"

 

今まで起きた出来事や、

出会った人

すべてには意味があって

必ず繋がっていきます。

 

 

だからここをオープンする前から出会った人、私のこれまでの人生、

そのひとつひとつを

ずっと大切にしたいと思っています。

 

奏をオープンして

辛いこともあったけど

私はそれまでに感じたことない「幸せ」を感じることができました。

 

 

1年たって思うことは

 

これからもずっと

「私の大切な人が心地良いサロンでありたい」ってことです。

 

それから

自分が整っていないのに

自分が笑顔じゃないのに

人に何かを与えることはできないことも知りました。

 

だからこれからは

無理な背伸びをやめて

私自身が心地良く、

今私ができる精一杯の施術をしたいと思います。

そしてこの1年に頂いた勇気や元気の恩返しができたらと思っています。

 

心を込めて施術をすれば、必ず何かが伝わり、そして受け取って頂いて初めて信頼関係ができると信じています。

 

マッサージってカラダを圧すだけじゃなく、心を繋ぐものなのかもしれません。

 

いくらやっても奥が深すぎて、

答えがない。

 

だからこそ追求することをやめたくないし、こらからもこの仕事を大好きであり続けたいのです。

 

 

去年私が思い描いていた未来の「今」より、もっと素敵で幸せな今。

 

 

そう思えるのも、

ここまで来られたのも

支えてくださった皆様のおかげです。

 

「この人と逢えて良かった」と思えるたくさんの方々と出会えたこと...

本当にありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

 

長文お読み頂きありがとうございます。

   Instagram-image

 

 

 

2019 / 05 / 31  00:46

アクセスボディプロセス

24F265E9-367B-43E5-9C4D-15C84D900631.jpeg

奏のボディプロセスについてもっと詳しく★

 

アクセスバーズで脳をデトックスするように

身体もクレンジングが必要。ボディプロセスで不要なものを綺麗にお掃除することによってバーズの効果もアップ⤴️

 

フェイスリフト

7FD18295-BBA8-4896-81BD-CD52C952E504.jpeg

お顔のリフトアップ効果はもちろん、

「身体や見た目に対する思い込み」を外し、また内臓にも働きかけると言われています。

自分の見た目へのコンプレックスがある方やストレスなどで噛み締めが強い方、

鎖骨がコリやすい方にもオススメです。

 

MTVSS

B738BB80-C9E1-41EF-8436-57FAD5186D0A.jpeg

 

これは個人的にとてもオススメです。

疲労回復、免疫強化と言われていますが

いわば、どんなものにも作用する万能なボディプロセス。

身体の特定の不調、呼吸器、筋肉、気になる症状など、、その時の身体の状態に合わせてオーダーメイドでできるツールです。バーズとの組み合わせでさらにスッキリ感がアップするというお声も。

 

 

BMM生態模倣

C07E4515-DCD2-4BED-9D2D-95D9F71B3773.jpeg

一言でいうと「なりたい自分になる」。

 

人は無意識のうちに家族や友人や周りの人の思考や言葉、行動からの影響をたくさん受けています。

それが考え方や価値観、思考として根付いてしまい本来の

「自分らしさ」を失っています。

 

「自分らしく生きる」ため「自分の才能や能力を開花させる」 

そんなボディプロセスです。

・人の意見に左右されやすい

・他人軸で考えてしまう

・ありのままの自分を認めたい

こんな方に。

 

90%Brain(90%の脳能力)

 

脳の容量や能力を高めたいときに★

普段、わたしたちは脳機能の数%しか使っていないといわれています。
では、使われていない90%の中にどんな能力を秘めているのでしょうか。

その使われていない90%の脳の能力と機能を初期化し、
活性化することによって 眠っている脳の力を目覚めさせます。

BMM(生体模倣)の後にのみ施術可能なプロセスです。

 

私たちの脳が使われているのはたったの3~7%程度しかありません。

このプロセスはそれを90%ほど使えるようにするプロセスです。

アクセスバーズとセットでおこなうと頭の中がさらちスッキリするという感想も!

 

 

🆕「受け取り」receiveプロセス♪ 

F4F0D060-C85D-46DC-A2A2-839F7F1C9995.jpeg

~受け入れる事を拒否しているところをクリアにしていく~

  

創造性・愛情・思いやり・優しさ・可能性・豊かさ・繋がり

 

『受け取る』ことにフォーカスしています。

 

何かをジャッジするたびに、受け取れることを受け取らないようにしています。

 

受けるとこが苦手

自己否定が強い

人に頼るのが苦手

 

そして

 

もっと創造力が欲しい

自分を表現したい

自分の可能性を広げたい

ご縁がある人と繋がりたい

豊かになりたい

そんな方に

とってもパワフルなボディプロセスで

オススメです♡

 

私が受けてみた感想は

とにかく、凄かった!!!

ポジティブなイメージで、私が一番即効性を感じたボディプロセスです

 

 

 

🆕「可能性の復元」プロセス

41FEBF0E-645D-4793-91DF-52F6B3126F60.jpeg

・何となく最近うまくいかない

・人生の流れを変えたい

・慢性的な痛みや病気

・やめたいけどやめられないことがある

・繰り返し感じてしまう感情

 

これらは身体の中にある重いエネルギーや、特定の原因となるものが…。その重りを取ることで、流れを変え、可能性を取り戻すことができます。

 

原因不明の痛みや特定の場所が痛くなる、訳もなく感情が乱れる、ネガティブになりやすい、何かに依存ししてしまう方にもオススメで密かに「超パワフル」なプロセスだと言われています。

 

 →受け取りプロセス、可能性の復元プロセスは「オススメボディプロセスとアクセスバーズ」をお選び下さいポジショナル

2019 / 05 / 30  08:23

筋膜と心の繋がり

この時期にありがちな

なんだか身体が重だるい、

身体に引っ張られるように心も重くなってくる

 

そしてその逆もあります。

 

身体の心深いつながり。

 

 

最近よく聞く「筋膜」。

この筋膜が心と身体を繋ぐ働きもしているのです。

 

「筋膜」とは、「facia,(ファシア)」と言われ

実は「筋肉の膜」のことだけを指すものではなく、

筋肉の他にも骨や臓器、神経、血管、リンパなど、"全身のあらゆる器官をつなげているシステム"です。

この全身につながるネットワーク「筋膜」の柔軟性は、身体だけでなく、心の柔らかさとも関係しています。

 

筋膜というのは、全身の筋肉、筋繊維、内臓など、あらゆる組織を覆っていますが、

心臓、肺、肝臓、胃、腸などの各臓器も、単独で身体の中に浮かんでいるのではなく、必ず身体の内側で何か他の組織とつながっています。

 

それらをつなぐものが「筋膜」です。

 

デスクワークなど同じ姿勢や偏った身体の使い方をしていると筋膜に布にできるのうな「ヨレ」が生じてしまいます。

BB62113B-2BA2-4D8C-9EE5-5FFDC421FA53.png

それがコリや痛みとして感じられるほか、「心のヨレ」として

なんと感情が蓄積すると言われています。

 

これは不思議なことではなく、私たちは不安や怒り、喜びなどの感情を「肉体」でも感じています。そして不安や緊張、ストレスなどから、筋膜は脱水状態となりもつれや癒着が起こります。

 

逆に言うと筋膜が緩んでいくことで、自然と感情の解放も起こります。

 

中でも重要なのが呼吸と関係する筋膜

「横隔膜」

気が向かないことやストレスを感じたり、我慢するとき、人は無意識的に「ウッ」と呼吸を止めてしまいます。

つまり横隔膜は心の状態を膜の硬さとして影響を受け、

逆に身体の中央部にある横隔膜が動くと、その柔らかさは波紋のように身体全体へと伝わっていきます。

 

ストレスが溜まりやすい中、胸で浅く呼吸している人が多く

浅い呼吸だと、横隔膜を十分に動かすことができません。

横隔膜には自律神経も集中しているので、自律神経の動きも鈍くなり、夜になっても副交感神経が優位にならず「休息の質」が悪くなります。

するとまたストレスが溜まりやすくなる、という悪循環に

 

だから横隔膜を動かす意味でも深い呼吸は大切なのです。

 

 

 

横隔膜をはじめとする筋膜はとても重要な働きをしてくれています。

同時に「全身も心も全て繋がっている」

ことがわかると思います。

 

頭をマッサージしただけで身体の柔軟性が出るのは、頭の先から足裏までの筋膜のつながりがあるため。

反対に足裏を少し揉みほぐすことでも同様に全体の柔軟性が向上します。

 

人の身体は不思議で偉大です。

身体の柔らかさを取り戻すことは、心の柔らかさを取り戻すことにもつながります。

 

何だか気持ちが疲れてる方は

まずは筋膜を緩めることを意識してみると良いかもしれません😊

2019 / 05 / 29  08:36

呼吸は「鼻」でするものです?!

最近よく「呼吸が大事!」と言われていますが、

実は無意識にしているその「呼吸の仕方」自体に問題があるかもしれないのです。

 

皆さんいつも鼻で呼吸をしていますか?それとも口で呼吸をしていますか?

 

そう言われても

意識していない人がほとんどだと思います。

 

人間以外の動物は口呼吸ができません。

犬が舌を出してはっはとしているのは、体温調節のために熱を逃がしているだけ)

 

本来は鼻で呼吸をするのが自然なのです。

 

口は食べ物などの栄養を取り込む器官として作られていて、もともと呼吸をする器官ではない口での呼吸をすると

空気中のダニ、カビ、ほこり、ウィルスが体内にフィルターを通さずに直接入ることとなり、

免疫力の低下や自律神経の乱れを引き起こします。

 

口呼吸が身体に及ぼす影響

・ドライマウス、顎関節症、虫歯

・いびき、睡眠の質の低下

・アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎

・膠原病、関節リウマチ、全身性ループスエリテマトーデス、多発性筋炎

・胃炎、潰瘍性大腸炎、痔、便秘など

・白血病、高血圧、腎臓病、風邪、インフルエンザ、冷え性

・うつ状態、パニック障害、全身倦怠感

 

この他にも、

唇を閉める筋肉がゆるむため、しわやたるみの原因になり

 

さらに、脳にしっかりと酸素がいきわたらないため、前頭葉の活動が休まらず慢性的な疲労状態に陥りやすくなります。

 

そして

注意力が低下し、学習能力や仕事の効率の低下を引き起こすと言われています。

 

 

鼻呼吸のメリット

1 唾液の分泌を活性化

鼻呼吸をすることで、

唾液腺が刺激され、唾液の分泌量が増えます。唾液の分泌量が増えることで、免疫力の向上、口臭の予防、アレルギーを予防するなどにつながります。

 

2 内臓筋の強化

鼻呼吸をすることで、意識をしなくても腹式呼吸になります。

結果として、横隔膜筋やその他の内臓筋を鍛えることができます。

 

3 免疫力アップ

鼻は天然、自前の空気清浄機で湿度・温度調整までしてくれる優れた呼吸器官です。空気中のダニやほこり、細菌やウイルスの多くを取り除き、きれいな空気を身体に取り入れ、結果として免疫の消耗を避けることができるため、免疫力アップにつながります。

 

 

4 血中酸素量アップ

鼻呼吸をすることで自然と腹式呼吸になり、肺全体に酸素が行き渡ることで、細胞への酸素供給量がアップします。

 

5 血液を浄化

内臓の機能が向上すること、血中酸素量が増えることから、

血液の浄化機能が高まり、さらさらのきれいな血液になることが期待できます。

 

 

鼻呼吸のやり方

①意識的に背筋、首筋、骨盤をのばして、顎を引いて胸を張る

②口を閉じて、鼻からゆっくり横隔膜を上に吊り上げて息を吸い、ゆっくりと鼻から吐く

これらの動作を行っている間、上下の歯は1~2mmほど開ける

 

意識してみると皆さん普段「口呼吸」になっていることに気づくと思います。

 

オリンピック選手が

「口呼吸」を「鼻呼吸」に変えただけで、 

「運動パフォーマンスが上がった」

「喘息が完治した」

「体重が減った」

「疲れない体になる」

「体内のデトックスができる」

「睡眠の質がよくなった」

そうです。

 

これを聞いたらどう思いますか?

 

人は生きているかぎりつねに呼吸していて、 その呼吸法が健康を促進してくれることもあれば、 健康を妨げる足かせになることもあります。

 

口が渇く、眠りが浅い、気管支が悪くなりやすい

そんな方は「鼻呼吸」を意識してみると良いかもしれません。

Instagram-image

2019 / 05 / 28  08:07

あなどってはいけない「倦怠感」

急に暑くなり、

「何だか疲れやすい」

「身体が重だるい」

「頭痛が出やすい」

 

 

季節の変わり目には、体調の変化を感じやすくなり、寒暖の差が大きくなることでの不調もありますが、

この「だるい」という感覚もあなどってはいけないサインです。

 

だるさ=「倦怠感」という感覚は、私たちの体にとって、発熱、痛みとともに、体の恒常性(ホメオスタシス)に対するアラーム機構だといわれています。

 

疲労や倦怠感は、肉体的なものと精神的なものがありますが

「いつもだるくて無気力」なのは

次のような原因が考えられます。

 

1.睡眠リズムの乱れ

睡眠時間はちゃんととっているつもりでも眠りの質が浅く、しっかり身体や脳が休息できていない可能性があります。

 

2.食生活に問題が?

バランスがとれていなかったり、糖質が多い食事は血糖値の急激な変動で身体がだるく感じることがあります。

その他ミネラルやビタミン不足も倦怠感につながります。

 

3.十分な水分が取れていない

水分が足りないと新陳代謝が下がり、身体は自動的にすべての機能のスピードを下げます。そのため、強い疲労を感じます。最低でも必要な水分補給量は

30 ml x 体重kg = 1mlと言われます

 

  1. 太陽光を浴びてない?

夜眠くなるはメラトニンという物質が関係していますメラトニンは、朝日を浴びた約15時間後に分泌が増加してきます。朝日を浴びることで、体内時計がリセットされ、メラトニンはこの体内時計にコントロールされています。

朝日を浴びないと、体内時計は毎日少しずつずれていき、適切な時間にあまりメラトニンが分泌されなくなってしまいます。

 

 

そして

何らかの病気が関係しているケースも

例えば、

感染症や慢性的な炎症性疾患などによる老廃物の蓄積

貧血や心疾患、肺疾患などによる低酸素状態

低血圧

更年期障害や、糖尿病、甲状腺機能低下症など、内分泌ホルモンの乱れ

低栄養、電解質の異常、神経活動の低下

 

精神的なものの場合、不安障害、睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害もその原因となります。

 

あまりにも長期的に倦怠感が続く場合は病院にいってくださいね。

 

倦怠感とツボ

倦怠感にはツボ押しが効果的です。

 

「気と血」のエネルギーの通り道である経絡上にツボ=経穴はあり、

指圧、鍼、灸でツボに刺激を与えることで「気と血」の流れが整うのです。

 

東洋医学では、経絡(けいらく)上にある「気」が、体内に出入りするための口を「経穴=ツボ」としており、経絡は各臓器と関連していて、経絡に異常があれば関連する臓器にも異常が発生していると考えられます。

 

また第二の心臓と呼ばれる足裏。

足裏には約6070の反射区(ツボ)があり、体が異変を起こすと足裏に対応する反射区がかたくなったり、カサカサしたり、皮膚の色が変色したり……といった状態になり、足裏の状態で健康状態をチェックすることができるのです。

 

奏ではセルフのツボ押しもお伝えしていますので質問して下さいね★

 

このように「だるい」というサイン、

ただの疲労と見過ごさず、なるべく早めにケアしてあげてくださいね☺️

1 2 3 4 5 6 7